漢字が読めるとうれしくて・・・

undoukai01

いろいろな漢字を覚えると、町中のいろんなものが見えてくるようです。

看板や、ポスターなどを見て、自分で読んでみたり、いろいろとうるさいくらい聞いてきます。

時にはうんざりすることもありますが、そんな気持ちは顔に出さず、「教育ママ」(笑)として子どもにつきあうようにしています。
子どもが、特に気にしているのは、車のナンバープレートの地名を読むことです。最近は、略字でなく、きちんとした字体で県名(地名)が書かれているので、うれしいですね。正しい漢字が見られるので。
近県のナンバーはよく見かけるのですが、先日、前に止まった車のナンバーが「長野」でした。初めて見るナンバー、しかも習ったばかりの漢字・・・。息子はとてもうれしそう。私も長野ナンバーは初めてだったのでなんだかとってもうれしかったです。


ところで、漢字といえば、漢字の書き取りノート(?)は要チェックですね。
子どものノートをのぞいて見たら、「言う」のふりがなが「ゆう」になっていたり、「左右を見る」のふりがなが「ひだりみぎをみる」になっていたり、思い込んだまま、何回も間違いを反復練習していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク